プール遊びについて

6月15日(月)からプール開きを予定しています。
都からの通知で、小学校又、区立保育園は本年度のプールを中止するとの事でした。
それにより、幼稚園は各園での判断となり、中止とする園さんも多いと思われます。

その中で、本園がプール遊びを行う判断とした理由は下記の通りです。


まず、文科省からのプール遊びの通知文より
「、学校環境衛生基準(平成21年文部科学省告示第60号)に基づき、プール水の遊離残留塩素濃度が適切に管理されている場合においては、水中感染のリスクは低いと指摘されております。一方で、水泳の授業においては、複数クラスによる合同授業の実施に伴い多くの児童生徒が同時にプールや更衣室を使用したり、複数の児童生徒が組になる形態で安全の確認をしながら学習を行うなど、児童生徒の密集・密接の場面が想定されるため、様々な感染リスクへの対策を講じる必要があります。このため、児童生徒の健康と安全を第一に考えて、地域の感染状況を踏まえ、密集・密接の場面を避けるなどの事項を十分に踏まえた対策を講じることを前提として、水泳の授業を実施することは差し支えないと考えます。」

プールを中止して下さい。という要請が出ているわけではない事を、まずご理解頂けたらと思います★

園としての衛生感染対策として

①プール利用前の検温

②クラスごとの利用

③水遊び(暑さ対策による体のクールダウン)を目的とし、

 ボールや水鉄砲等玩具は一切使用しない

④クラス利用ごとに時間をあけ、清掃、残留塩素チェック

⑤利用後にしっかりと手洗い・うがいを行う

⑥タオル等個人物は本人のみ使用させる

⑦見学の子も外遊びをさせる等、密な見学にならないようにする

⑧常時濾過機を作動し、水を清潔に保つ

⑨涼しい日や、衛生面で不可と判断した日は行わない

その他しっかりプールの状況を見ながら職員で気になる事はケアしていきます。

ですが、やはりプール遊びは・・・と考えられる方もいらっしゃると思います。

あまりいれさせたくないけど、他のおともだちが入ってたら入りたいって思うから、かわいそうかな・・。

など、保護者様も色々な心配がある事かと、僕も1園児の父としてお察しします。

決して無理のないご判断でお願いします。プールの時間も短時間の予定ですので、

入らない子が退屈な見学時間にならないよう配慮も致します。

皆様には健康チェックを毎朝ご協力いただき登園して下さり、ありがとうございます。

園でも検温は行っていますが、皆様のご協力のおかげにより、

1日からの幼稚園生活を子ども達とともに過ごせています☆

どうぞ、お子様のみならず、ご家庭の方でも体調が良くないと感じる方がいらした場合も、

なるべくおやすみさせるようにしてください。

引き続き、みんなで大切ななかまを守りながら、無理のない中で

この時期ならではのプールあそびも行っていけたらと思っていますので、

どうぞご理解、ご協力頂けましたら幸いです☆

尚、今後の状況により変更がある事もございますので、

その時は都度ご連絡いたします。

園長